Rasta Soldier ~Like a rolling stone~

MasterBass King Rudies Sound from Tokyo Japan

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

料理の鉄人のお店

今NEW YORKはレストランウィークという、その行事に参加しているレストランランチにてランチのコースが24ドル ディナーのコースが35ドルで食べれるというのを利用し、NYで話題の三代目和の鉄人:森本正治氏の「MORIMOTO」に行ってきました。

P1020045
Powered by PICS



内装はこんな感じで、和食屋感ゼロ。めちゃめちゃおしゃれです

P1020046
Powered by PICS



働いている人たちもほとんど日本人以外。厨房には日本人らしき人がちらほらいました。さすが一流レストランだけあって、スタッフの対応は良かったです。

前菜にサラダか味噌汁、メインに寿司、魚(おそらくタラ)Angry Chicken(名前でこれを頼んでみました)そして牛丼をそれぞれ自分で選び、デザートがつくというコースでした。

サラダは葉っぱにガーリックチップがのってるだけのシンプルなもの。味はまあさっぱりでした

そしてメインのAngry Chicken

P1020048
Powered by PICS



これ和食感ゼロ、エスニック料理でした。スパイシーで皮はパリパリでしたが味は正直普通でした。

ついでに一緒にいったなかしま氏が選んだ寿司(でてきた時に何かソースいるかと聞かれてました。ホットソースでもかける人がいるのでしょうか?wジャマイカ人じゃないんだから)

ちょっともらいましたが、これも普通でした。ただNYで食べれる寿司のなかではまあまあなのかなと

P1020049
Powered by PICS



ここで大変なことに気づきます。ごはんがコースに含まれていないんです。
ここでもランチ=ごはんは必ず付くという日本的イメージを覆されました。
MORIMOTO氏ある意味やりますw

最後にメニューにはMORIMOTO WAGASHIと書いてあったデザートが

P1020052
Powered by PICS



「ちょwこれ和菓子じゃないじゃないか」と心のなかでつっこみながら食べ終わりました。

やはり創作料理というのは難しいですね。おしゃれに見えても味は?っていうのが多い気がします。

日本である「なんじゃこれは!!!!!」っていうくらいのおいしさはやはりNYでは難しいのでしょうか?

色々探してみたいと思います。

てかやっぱり食は日本が一番。24ドル(約2700円)くらい払えば、もっとおいしい物が食べれますもの。

ああ、比内地鶏が食べたくなりました。

So Special!!

先週の土曜日Diamond Intl主催のSo Specialというダンスに出させていただきました。

場所はUSKと一緒にまわしていたLIME。

新しくできた場所なのでとても綺麗でいい感じです。バックヤードがまたいい感じなのですが、今回はそこでジャークチキンとFishを

しかしNEW YORKのFLATBUSHというカリビアンコミュニテリーでダンスを開くなんて本当にすごいことです。本当にいい経験をさせていただきました!!

Maximum Respect Diamond Intl!!!!!!!

New Yorkは土地柄Reggaeももちろんですが、R&B、HIP HOPそしてSoulなど本当に皆曲を知ってます。日本でもNew Yorkみたいなダンスがあれば楽しいのかななんて思ったりもしました。

Genius From Diamond Intl

P1020037

Duke From Diamond Intl



Diamond Familyと僕

Diamond family

Dianmond Intlは8月日本各地でPLAYとのことなので、Must Check!!!

Diamond Intl

遊びにきてくださったLife Star Family、かずお君、ラブリッシュの皆さんお疲れ様でした!

今週末はいろいろ悩んだ結果、MAXI PRIEST@ B.B.Kingに行ってきます!

Bet Music Awardとさんぴん茶

2b06361a.JPGNY一気に暑くなってきました。といっても日本に比べれば過ごしやすいのでいいかなとは思っています。

この間BET MUSIC AWARD 2008が行われました。

Best Female R&B Artist:Alicia Keys

Best Male R&B Artist : Chris Brown

Best Female Hip Hop Artist : Missy Elliot

Best Male Hip Hop Artist : Kanye West (これは個人的にはLil Wayneだとおもってました。)

Viewers Choice : Lil Wayne

と他にも多々受賞者がいたのですが、

Lifetime Achievement Awardというものがありまして、それにAl Greenが選ばれました。

その後Al Greenの名曲をJill Schott、Anthoy Hamilton、Max Wellといったアーティストがカバー。(個人的にはAnthony HamiltonのTired of being aloneが良かったです)

そしてLet`s stay togetherで本人登場。

いやーかっこいいです。クラシック!!! 

ここから見れます

Mavadoもいいですが、こういうのも聞くべきだと思います

ついでに上記のLinkから他にもたくさんBet Awardのパフォーマンスが見れますので時間があるとき是非!!

ついでに今日は友達のKOUICHI-JAPANが今沖縄に行っているというのを聞いて、うらやましいのでNYにてさんぴん茶を飲みながらダラダラしてました。






KIllamanjaro, Downbeat@Amazura

7月12日にAMAZURAにて

Killamanjaro、Black Scorpio、Downbeatのダンスがありました。

去年はクラッシュがおこなわれたそうですが、今年はRub a Dubでした。

KillamanjaroにはSizzla、Anthony B、Luciano、Junior Cat、Zanaduなど

Black ScorpioにはGeneral Tree、Little John

DownBeatにはおなじみNYアーティスト達

でそれぞれRub A Dubを行うとのことでしたが、まずBlack Scorpioは現れず、Luciano、Little Johnも来ておりませんでした。

1時半くらいに着いたのですが、Ricky Trooperが45をまわしておりました。
その後もTrooperが好き勝手やりまくり、Downbeatに代わってもすぐにマイクを奪い、曲をかけまくるという始末。さすがにTony Screwもあきれてたみたいです。

P1020016
Powered by PICS



途中でPapa Jaroを呼ぶTrooper

P1020019
Powered by PICS



ただ最高傑作Riddimの一つと言っても過言ではないJaro TaxiやHeavenlessのJohnny Osbourne、Garnet SilkとDennis BrownのDubで会場は大盛り上がりでした。

その後TrooperがJunior Catを呼びRub a Dubタイムがスタート。
Junior Catは白のスーツで登場したのですが、周りからSuperCatそっくりだと言う声が。確かに似てましたw
その後General Tree、Johnny Osbourneなどが登場し、その後Sizzlaも登場。他にはZanaduやRanking Joe、Major Mackerel等も登場してきました。

P1020023
Powered by PICS



P1020028
Powered by PICS



その後Anthony B、Junior Demus、Ian Sweetnessが登場し、最終的にはSizzlaとAnthony BのRub a Dubで終了しました。

P1020032
Powered by PICS



しかし、Sizzlaがノリノリでびっくりしました。歌っていないときにはRiddimのカットまでやってました。ダブの時も常にノリノリでいてくれるとどれだけのサウンドマンにとってプラスになるか・・・。ただ正直この日のSizzlaとAnthony Bはちょっと歌い過ぎだったかなと。もっとMackerelに歌わせてあげればいいのにと思いました。

あと個人的にはもっとJaroのダブが聞きたかったです。




  1. 2008/07/15(火) 09:09:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brooklynより愛を込めて

e7444b02.JPGMaster Bass in Brooklyn最後の生き残りのBigfaceです。

これからは僕がダンスのレポートなどをしていくことになるかと思います。

では早速ですが

まずは7月10日 Freddie Mcgregor@Prospect Park



これは夏の間にProspect Parkで行われている、Celebrate BrooklynというMUSIC,DANCE,WORD,FILMという4つのコンセプトで行われる、地域振興行事のようなものの1イベントとして行われました。

入場料は寄付で3ドルとのこともあり、会場にはカリビアンをはじめとして沢山の人が来ておりました。

Freddie氏はI see it on youで登場し約2時間近く、自身のヒット曲を中心にBob Marley、Alton Elis、Dennis Brownなどのカバー、そしてスパニッシュと日本語の曲(この日本語の曲は何か分かりませんでしたが、海についての歌でした)とFreddie氏の歌声を十分に堪能できました。

翌日エドロビンソンのスタジオに行くと、たまたまFreddie氏がダブセッションを行っており、僕も軽く会話をすることができました。ついでにFreddie氏は52歳だそうです。いやー信じられません。ステージで飛んだりはねたりしながら歌ってましたから

これからNYはアーティストのショーラッシュです。

大学のサマーセッションが始まるためどれだけいけるかわかりませんが、楽しみです。

Bless







  1. 2008/07/14(月) 12:18:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。